おまとめローンの借り方に落とし穴ってある?

普通、クレジットカードというと、ショッピングの際の現金代わりに使われるイメージが強いですが、現金を借りることができるキャッシング枠がオプションでついているものもあります。 利用した場合、返済は原則、一括返済です。あくまでオプションサービスのキャッシング枠ですが、逆に、キャッシングのみに機能を絞ったものもあるのです。 オリックスVIPローンのキャッシング専用のカードは、世間ではローンカードと呼ばれているようです。クレジットカードのオリックスVIPローンのキャッシング機能ですが、キャッシング枠が設定されるかどうかは業者が決めています。 キャッシングを行ったものの、返済の目途が立たなくなったら債務整理を行わなければならなくなるのです。 債務整理をしている期間中はお金を借りられない状態となるため、様々なことができなくなります。不便を被ることとなるかもしれませんが、この状態は仕方がないことなんだと考えるようにしてください。普段は金利の低いところを探して借りようとしますが、期日が近づいていたりすると、消費者金融での借換やおまとめローンなど、ややもすれば高金利な方に目がいきやすいです。 生活資金に限れば、公的機関の融資を考えてみるのも良いかもしれません。 居住地の社会福祉協議会では1.5?3.0%という低い金利でお金を借りることができます。 ただ、審査はあります。 生活費を融資するのは「生活福祉資金貸付制度」と言い、用途別に他にも制度があります。また、連帯保証人がいれば無利息になるというのも大いに助かります。どんな制度なのか調べてみて、最適な判断をしてください。 借金は総量規制によって、借金できる限度額は限られてしまいます。 借入の有無によっても異なりますので、もし可能なのであれば借りているお金を減らしてから、申し込んでください。年収の3分の1以下しか借りられないことは心得ていてほしいです。
おまとめローンの借り方は?失敗しない会社選び!【どうやって借りる?】