光回線を使えば電話料金がもっと安くなる?

光回線を使っているのならIP電話を使ってみると安くつくし、便利です。
利用するのは光回線なので、一般の電話回線と同じように音声データを何度も交換機から中継する必要性はありません。
そのため、電話料金がすごく安くなり、選んだプロバイダにもよりますが、月額の基本料金が一般の電話回線よりも安くなるケースが多いです。
毎月の光回線の料金は定額を差し引かれているため、それほど意識していないかもしれませんが、携帯などの料金と合わせて考えると、毎月相当の金額を通信費用として納めています。
いくつか存在する通信料金プランの中から少しでも安価なプランで契約を締結したいものです。
フレッツの速度が遅い原因を考えて、最初に思い浮かぶのは、少しの間だけネットワークが込み合っていたり、アクセスしようとしているサイトの閲覧が集まっていたりというようなことです。
そのために、ちょっとの間だけ遅いだけなら、しばらく待っていればなおることもあります。
wimaxの場合の契約期間は一年契約と二年契約のどちらかをお選び頂けます。
一年契約は更新が毎年まいります点が最大のメリットだと思います。
ほぼ、キャンペーンの場合は二年契約だけの適用ですので、そこが大きな欠点です。
しかしながら、二年契約の場合はこの嬉しいキャンペーンを利用することができますが、ご注意して頂きたい点は、解約やプランのご変更が二年間は出来ません。