キャッシングとカードローンの違いは?

キャッシングというのは、カードローンと同じ趣旨だと思いがちですが、返済方法が異なります。
一括で返済する目的でクレジットカードを使い現金を下ろすのがキャッシングで、分割払いにしたいという時はカードローンといわれます。
カードローンは毎月の返済は簡単ですが、利息がかかってきますし、どちらにしても延滞の際には注意をしなければなりません。
借入金を返す方法には色々な方法が存在しますが、店頭で支払うこと以外に口座自動引き落としや銀行振り込みを使ったり、キャッシング会社やコンビニなどに設置されているATMでも振込むことができます。
あまり知られていない方法としては現金書留による支払いもできますが、一番よく使われる方法は現金自動預け払い機で支払う方法です。
お金のやりくり、どうしよう?!という際には便利な手段としてキャッシングがありますが、専業主婦にとっては関係がないこと、と思ってあきらめてしまう人も少なくないでしょう。
知らない人も多いようですが、専業主婦でも融資可能とされているキャッシングも少なくありません。
そうした業者だったら、配偶者に一定の収入があるならば、審査をパスして、キャッシングを受けられます。
事実を偽った内容でカードローンを申し込むと、それだけで刑法上の罪(有印私文書偽造)になります。
もし金融機関での審査中にバレたとしても、会社的には実害発生前なので、通報することはなさそうですが、かならずしも通報されないとは限りませんし、プロ相手に虚偽が通ることはまず、ないのではないでしょうか。
考えてもみてください。
嘘で融資を受けたとしても、完済までにバレる恐怖が続く上、バレたら一括返済を迫られる(当然です)といったデメリットがあるのです。
トクか損か考えるまでもないですね。

主婦は一般用と女性用どちらがオススメ?【みずほ銀行カードローン】