仕事がハードすぎるなら看護師転職を検討してみるのもあり?

どうして、看護師はたくさん運動するのでしょうか。
事務の仕事をしている人と比較してみると運動量が多くなります。
患者さんをストレッチャー、もしくは、車椅子を利用して運搬したり、ナースコールで呼ばれると、すぐに病室に直行したりするからです。
業界用語というものは、どこの業界にもあり、もちろん看護師の世界にも存在します。
例えば、カタカナでエッセンと書く言葉があります。
食事をとってきます、と働いている他の人にわかってもらう目的で日常的に使用されています。
このエッセンという言葉自体には、デタラメでも略語でもなく「食べる」のドイツ語です。
昔、この世界ではドイツ語の医療用語が盛んに使用されていた事実があって、そんな習慣が業界用語として残っているのです。
ともあれ便利に多用されているようです。
比較的、高い給料をもらえる看護師ではありますが、どこで働いているかによって、大きく額が異なります。
個人病院、大学病院、公立病院など勤め先はいろいろあります。
退職する時に出る手当である、退職金については、国立病院や公立医療機関に勤めていたのでしたら、きちんと勤続年数や仕事内容による退職金の算出方法が確立していますので、それを支払ってもらえるでしょう。
ところが、個人病院の方では、個々の病院によるものの、退職金については規定がない、ということもあり得ますし、どうやらその辺は、トップの胸三寸といったところがあるようです。
公立病院に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。
他はそうとも言えない、ということになるでしょう。
ケガをしたり病気になる確率は年を取ると高まります。
社会が高齢化していることもあり、このところ次第に医療機関を利用する人口が増加しています。
そうなってくると、医師と看護師も現場では切実に求められているのに、今のところ、どこでも人手は足りていません。
けれども、それほど人手が足りない状況だと、人材を求める病院がそれだけたくさんあるということでもあって、転職先に困ることはない、という大きなメリットもあります。

看護師転職時の履歴書の書き方は?経歴全て記載必要?【好印象な書き方】