ほけんの窓口って口コミ悪いの?騙されない?

ネットでCMを見て保険無料相談を頼んだけれど、いまいちこちらの要望を聞いてくれないという話を聞きます。

では、有料の保険相談を利用してみるのはどうでしょう。

有料相談サービスは大体5000から20000円くらいが値段相場となっているようです。

有料のメリットとしては、保険相談がメインなので契約を狙うものではない。

実績のあるFP、優秀なFPが担当してくれることが多い。

そのため、相談者目線でアドバイスをしてくれます。

また、有料相談を行なっているところは、独自の認定基準を設定しています。

「相談に問題があった場合は、相談料を返す」という点も独自基準への自信の表れでしょうか。

有料は嫌だという方は、担当者を変えるなど何度も無料相談を行なってください。

皆さんは買い物に行って強引に何かを買わされたというようなトラブルの経験や気持ちになったことはありますか。

生命保険の勧誘でも同じようなことがあるそうです。

不適当な保障を付帯させられたという人もいるそうです。

他には、保険金を請求したらすでに完治している病気の告知義務違反で保険料の支払に応じないこともあるそうです。

そんな時に一般の方はどうしたらいいのかわからないですよね。

保険は人生で2番目に高価な買い物と言われるくらいで生命保険トラブルを専門にしている弁護士もいます。

こういった問題が起きた時には弁護士に相談してみるのも一つの手です。

無料でできる保険相談のニーズが高まっています。

その道のプロとがっつり話し合いができるというのに、どうして0円でそんなことが可能なのでしょうか。

気になったのでどういう仕組みになっているのか調べてみました。

簡単にまとめるとやはりFPさんたちにいくお金は保険会社から出ていて、実際に契約ができたときにだけその分の手数料等が発生するそうです。

ですので最終的に我々と直接お話をするFPさんは契約に至ってようやくお金をもらえることになるわけですが、営業の機会を多く得ることができるため、持ちつ持たれつといった感じのようです。

保険は人生の中でも特に重要な部分を占める出費ですから、それだけに保障内容や月額などの見直しはとても重要です。

予想されるトラブルについては口コミなどをチェックして、落ち着いて対処できるようにしておきましょう。

特にごり押し的な勧誘については多くの人が不安に思っていることでしょう。

心配な点を突いてきたり、判断しにくい利点ばかりを主張したりして提案に納得ができていないままにされるといったかたちです。

希望や要望はきちんと伝えておき何なら少し考える時間をとりましょう。

きちんとした会社なら担当者を替えるサポートも用意されています。

大切な決断ですから雰囲気にのまれずにしっかり断りましょう。

保険無料相談サービスに申し込みをしたけれどなかなか面談の予定が合わないという人がいるそうです中小のFP紹介サービスの場合、登録してるFPの数が大手と比べて圧倒的に少ないためです。

無料で相談を行なえる理由はFPの提案した保険に契約をしてくれるからです。

そのため、契約の見込みの少ない案件は優先順位が低くされてしまうという仕組みになっています。

一分一秒でも早く相談をしたい場合は、FPの登録者数の多い大手のサービス会社に申し込むか、街中の保険ショップの利用をお考えください。

保険を考える時期といわれるライフイベントがあります。

一例としては、結婚したときや子供が生まれたときなどです。

でも、保険に対する知識がないとどう選べばいいかわからないですよね。

そんな時は、保険無料相談サービスの利用を考えてみましょう。

すでに保険に入っている人でも年間の支出や家族構成などが契約当時と比べて変わっていると思います。

なので、無料相談で今の生活状況、希望している保障内容が合っているか、いざという時にきちんと保障で守られるかを改めて見直しましょう。

その結果、内容がほとんど同じなのに保険料が安くなったという話もあります。

契約中の保険内容の確認だけでもOKなので気楽に利用してみてください。

一般的に良い評判よりも悪評の方が頭に残ってしまいます。

保障内容の見直しや契約状況の確認をしてくれる保険無料相談サービスでもそういったことはあるのでしょうか。

口コミサイトを見てみると相談前の人の多くが「相談したら強引に保険に加入させられそう」というイメージを持っていてなかなか相談へ踏ん切りがつかなかったようです。

ただ実際に相談してみると「納得いくまで何度でも相談してください」と言ってくれて安心できた、本当に相談だけでOKだったなどイメージとは全く違うことがわかりました。

なので見直しを考えている人は安心して相談してみてはどうでしょうか。

最近いろいろなところで目にする、耳にする保険無料相談サービスですが、本当に宣伝通りに無料なの?と思ってしまう人もいると思います。

無料で営業できるのか理由を調べてみました。

どういったカラクリがあるかというと、各保険会社からの契約手数料を収益という形で受け取っているからです。

つまり、相談サービスを行なっている会社としては、勧めた保険に切り替えてもらうことで収入になります。

そのため、特に評判を気にしている業界となり「相談に行ったら勧誘がしつこそう」といったといった心配事はほぼ起きませんので安心して利用できますね。

よくある保険相談に来店タイプと訪問タイプがありますが、特に後者のタイプでは担当者を選びにくくなっているので、話し合い中のトラブルの話もちらほら見かけることがあります。

こちらの質問に満足な回答を得られないまま、流されてしまうこともあるかもしれません。

威圧的な態度をとるなどしてこちらが断りにくいようにしていくようなFPさんだとしたら、その後の対応についても不安が残るのでお任せするのは考えた方が良いかもしれません。

話し合いで失敗しないために、自ら知識を深めるとともに家族や親せき、などに同席してもらいましょう。

保険の無料相談を行っている会社はたくさんありますが、その中で本当に良い会社と出会うということは、考えているより難しいのかもしれません。

探す際のひとつの目安としてランキングがあります。

それぞれ異なった観点から格付けされているので、自分に合った会社を選びやすくなるでしょう。

よく名前が挙げられる会社でも担当FPさんによって合う合わないはどうしてもありますから、上位の会社で複数面談をお願いしてみるなど、有効利用することが満足への近道です。

参考:ほけんの窓口の悪い口コミ集【騙される?実際に相談】

動画サイトなどでよく見る保険無料相談のCMですが、実際には利用方法を知らない人も多いと思います。

なので、ここでは無料相談の利用時の流れについて書きます。

一般的な流れとして、ネット等で相談日の予約をし、希望の場所若しくは近くの店舗で相談という流れになります。

FPに会ってからは最初に、将来の希望や保険に関する疑問、加入中の保険などに関して確認をしますその後、聞き取りをしたライフプランから保険選びの情報提供をして提案します。

再度、ライフプランに対してどういった保障が合っているかを一緒に確認します。

Tポイントやポイントサイトで景品と交換できるポイントが保険無料相談でもらえるキャンペーンを見かけます。

付与されるポイントが大きいサービスはあまり有名ではないのが多く本当にポイントが付与されるのかわからないですよね。

こう行ったキャンペーンの名上がれとしては、数回の面談を実施し、アンケートに答えるとプレゼントというパターンが多いです。

そのため、最初の面談等で契約の見込みがないと判断されたらその後の面談をなかなかしてくれないなどポイント付与の条件に満たないようにすることがあります。

そのため、ポイントのために申し込むことはやめましょう。

評判を気にする業界と聞いて、どんな業界を思いつきますか?一般的に思い浮かべるのは、政治家や芸能関係だと思います。

実は保険無料相談サービスをしている企業もとても気にしているんです。

というのも、無料相談サービスの収益は相談者が保険に加入したら保険会社から報酬が発生するため、強引な勧誘をしているとSNSなどで拡散されてしまうからです。

そのため、サービス側も悪評の多いFPとの契約を解除したり、悪評、クレームの多いFPの登録解除を行ったりして対策をしています。

保険は人生で2番目に高い買い物と言われているので、信頼できる担当者を見つけしっかりと説明を受けてから決めましょう。

よくCMなどで聞く保険無料相談、あの人たちってどうやって収入を得ているの?その答えは、FPが紹介した保険に相談者が契約した際の手数料です。

このシステムは相談者にとっては、メリットが多いです。

その理由としては相談者が契約して初めて収入があるということは、契約してくれなければFPは収入がないため、保険紹介時の説明や対応方法などのサービスを高めなければなりません。

そのため、保険自体が相談者に合致していて、紹介者の説明スキルがわかりやすくなるなど良い面ばかりです。

信頼性を気にしているので、現状の契約の方が最良と判断をしたら別の保険を無理に勧めたりもしません。

皆さんも保険の確認だけでもいいので気楽に相談してみてはどうでしょう。

2017年4月の金融庁が出した指針により保険無料相談後に相談者特典として高額な商品券をプレゼントするのは禁止になりました。

「換金性の高い商品の提供の禁止」という金融庁の指針を受けて各サービスでは、商品券から牛肉などの景品へ変更しています。

また、現在も商品券をプレゼントするキャンペーンを謳っているサービスがありますが、これは明確なルール違反になるのでいずれなくなっていくでしょう。

もし、保険相談サービスを利用しようと思っているのならば、キャンペーンだけでなくサービスを提供している企業の情報を調べてから選びましょう。

今すぐに相談をしたいなら街中にある保険ショップという選択肢もあります。

テレビのCMを見て保険無料相談を頼んだけれど、いまいちこちらの要望が伝わらないという話を聞きます。

では、有料の保険相談を活用してみるのはどうでしょう。

有料相談の値段相場を調べてみたところ大体5000から20000円くらいと出てきました。

有料で相談を行うメリットとしては、料金が発生しているので強引に契約を狙うものではないことや実績のあるFP、優秀なFPが担当してくれることが多い。

そのため、相談者目線でアドバイスをしてくれます。

また、有料相談を行なっている企業は、独自の認定基準を設定しています。

「相談に問題があった場合は、相談料を返す」という点も独自基準への自信の表れでしょうか。

もしどうしても無料で済ませたいと言う場合は、何度も無料相談を行なってください。

貯金のために保険料を節約したい!でも、相談に行く時間がないからどうしようと困っている方、解決につながるかもしれない方法があります。

保険無料相談サービスの中には、現在の保険内容の確認など相談のやりとりをメールで完結できるサービスもあります。

なので、ネット上で完結するので24時間365日受付ており、返信内容の確認も夜遅くに自宅に帰った後など好きな時間に確認ができます。

もし、書いてある内容がわからない、こちらが伝えたいことが十分に伝わっていないと思ったときには、電話相談もできるようになっているようです。

相談の必要がなくなったときもメールで断れるので楽な気持ちで相談できそうです。

保険のプロに無料で話を聞けるチャンスがあるなら、その貴重な時間を大切に活用したいところです。

どんな点に注意して見直しをするのかというと、現状の保証と月々の支払額で問題はないのかどうか?そしてそれは自分に合っているのかどうか?ということでしょう。

面談までの下準備に自身のライフスタイルを明確にし、健康診断などを受けたならその結果も準備しておきましょう。

するとより具体的で生活に合ったプランをたててもらいやすくなります。

また最終的にどこでお願いするかというのはとても重要なので、そちらも慎重に選びましょう。

保険相談をしたい場合には、どんな方法があるでしょうか。

FPさんに来てもらうという人もいれば、テレビコマーシャルでもよく見かけるように、実店舗にまで行ってみたいという人ももちろんいるでしょう。

名の知れた会社は駅前やショッピングモールの中など、人通りが多く便利な場所にお店がある場合も多くあり、利用しやすいと思います。

家を知られたくなかったり、プライバシーが確保できない場所で話したりすることに抵抗がある人には、一度来店型で面談を考えてみても良いかもしれません。

お金のかからない保険相談を利用したとき、本来ならばこちらの判断は自由なのですが、細部まで丁寧に説明してもらったり細かな資料を用意してもらったりすると、満足いく提案ではなかった場合にどう言えば良いか迷うかもしれません。

大切なお金のことなので、即決できるほど簡単なものではないと思います。

断り方としては例えば、はっきりと連絡はいらない旨を伝え、検討する意思を表すことでしょうか。

万が一トラブルになりそうならその会社のサポートへ連絡しましょう。